仕入価格定価自動設定機能

定価を仕入価格に自動設定する事ができます

商品毎の定価をAmazonから取得して、仕入価格に定価を自動で設定する事ができます。
定価で仕入れる事が多い出品者様には便利な機能です。
設定方法はこちら

仕入価格自動設定機能

定価が取得出来なかった商品は現在の出品価格が仕入価格に設定されます。

仕入価格自動設定にするメリット

定価で仕入れる事が多い場合、仕入価格の入力を省略できる

定価で仕入れる事が多い場合にこの設定にすると、自動で定価が仕入価格に設定されるので後で定価を調べる必要が無くなります。
また、一度この設定で定価を仕入価格にし、後から個別で修正する事もできるのできます。
定価で仕入れる事が多い場合はこの設定をオススメします。

定価で仕入た場合の利益額、利益率を把握する事ができる

仕入価格と定価にする事で、定価と価格改定時の価格を元に利益額、利益率を計算するので
定価で仕入た場合の利益額、利益率を把握する事ができます。
定価で仕入れたらどれ位の利益額、利益率になるか知りたい時にも便利です。

仕入価格自動設定にするデメリット

商品情報取得時に通常より時間かかる

商品情報取得時に新たに定価情報をAmazonに取得しにいくので、その分時間がかかります。